スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「グーグーだって猫である」DVD感想 
DVD感想書くの、いつ以来?
1年以上は書いてなかったかな。
時々見てはいるんですけどね。
感想書きたいほどの作品に出会わなかった、ってこともないんだろうけど。
ま、いいや。

今日見たのは、
「グーグーだって猫である」。
小泉今日子さん主演で、漫画家大島弓子先生の自伝的エッセイを素に作られた映画です。
公開のニュースを見たときから、見たい!って思ってたんだけど、
近くの映画館ではやってなくて。

大島弓子先生の漫画は、読んだのがあまりにも幼かったときだからなのか、
ちょっと難しいやって思ってしまい、あまり読んだことありません。
今読んだら意味がわかるかもって、読みたくなりました。

どちらかというと、小泉さんのファンでして。
アイドル時代からずっと好きです。
歌も、演技も。力の抜けた自然体な感じが好きです。
若かりし頃もそうだったけど、今もずっと、よき先輩と勝手に思ってます。

漫画家のアシスタント役の上野樹里さんも、
なんとなく小泉さんと似た雰囲気をもった女優さんですよね。
個性的なんだけど、度をすぎてなく。

共演者の加瀬亮さんも、柔らかい雰囲気のある俳優さん。
今流行の草食系男子っていうのかな。
ガツガツしてない感じがほどよいです。

映画の雰囲気も「ゆったり」という言葉がぴったりで。
特に前半は大きな山もなく、かといって決して退屈ではない。
漫画家小島麻子が、いかに飼い猫と共に生きてるかを丁寧に描いてて。
加瀬さん演じる青年と恋物語に発展するのかと思いきや、
そのあたりはほんわかとはぐらかしてあります。

後半、麻子先生に降りかかる悲劇があまりにも思いがけないことで、
ショックで、どうなるんだろうって目が離せなくなりました。
だけど、元ネコ(?冒頭で死んでしまう前の飼い猫)の力で見事に立ち直ってくれる姿に、
安心と希望を感じました。

大きな感動とか、ハラハラドキドキとかはないけれど、
見終わったらじ~んと心が温かくなる映画です。

猫好きなかたはもちろん、
私のように、さして特別…ってかたもやっぱり猫グーグーのかわいい姿には癒されますよ。

映画「グーグーだって猫である」HP

スポンサーサイト
「しゃべれどもしゃべれども」【DVD感想】 
今年に入ってからはじめてみた映画(DVD)です。
お正月から我が家は、夫が密かに持ってた「ダウンタウンのごっつええ感じ」の企画ものDVD、笑ってはいけないシリーズにはまってしまってて。久しぶりに家族全員で大笑いでした。
笑ってはいけないってことがあんなに苦痛だなんてね。しばらく3兄弟で笑ってはいけないごっこやってましたよ。罰ゲーム中心に。

いやいや、今日は「しゃべれどもしゃべれども」の話でした。
TOKIOの国文太一君が今ひとつ芽がでない落語家を演じています。
いやしかし、最近のジャニーズの皆さんは演技がうまいですね。
一昔前のトシちゃんとかマッチとかシブガキ隊とか、
一応ドラマとかやっても、セリフ棒読みみたいな。
見てるほうが恥ずかしくなるような。
今思うとあれはあれで事務所の計算だったのかなあ。
下手な演技でかえって親近感がわくみたいな。
ま、そんなことはさておき、国文君熱演でした。
落語とかきいたこともないので、国文君の落語がうまいのかどうかはわかりませんが、
最後の落語は確かによかった。
ていうか、最初の落語をつまらなく思わせておくことができてないと、最後のが台無し。
ですよね。そのへんのめりはりのつけかたがよかったんじゃないかなと。

共演の香里奈さんはもうハマリ役。
美人だけど、愛想がなくて話ベタ。思いを伝えることができなくてふられてしまう女の子。
でも、そんな自分を変えたくて国文君演じる落語家三つ葉の話し方教室に通うことになる。
ほかにも、口からうまれてきたようなおしゃべり小学生と、しゃべれない野球解説者もやってきて、話し方教室はいつもドタバタ。さてさてどうなることやら…

地味といえば地味な映画ですが、けっして最後まであきることなく楽しめて、見終わったあとなんだかあったかい気持ちになれる映画でした。

本日の運動:Wii Fit(トレーナーのやつ、夜更かしして寝坊してきやがったぜ。まったく芸がこまかい)


舞妓Haaan!【DVD】 
おこしやす。(あまりにもベタですが)
これは映画館でもみたかったくらいなんですが、結局見にいけなかったので、DVDでたら絶対見ようと思ってました。

笑えましたよ~。期待を裏切らないばかばかしさ。
すごいテンションで、途中ついていけなくなりそうになりましたが、
なんとか追いつきました。
強引なストーリー展開が心地よいです。
ありえんけど面白い。
最初からこの映画に涙とかはもとめてないですしね。
でも、苦手に感じるかたも多いだろうなとは思いました。
今日はこの映画の影響で、「どす、どすってしつこい」と、子供たちにうるさがられてしまいました。

京都ですが、実はまだ一度も行ったことありません。
大阪、神戸には行ったのですが、京都はまだ。
修学旅行いくころって、まだ九州人だったので、小学校も中学校も九州内でした。
高校の時は東京方面だったし。
その後もいく機会もなく。
日本人なら死ぬまでに一度は行っておきたいとこですが、
老後の楽しみにとっておきたいとこでもあります。




おみくじひいておくれやす。
映画DVDのHPにもいけるどす。(なんか違う)
ちなみにaは4つどす。

本日の運動:クロ下半身編フルメニュー
 
最近DVD見るときは、編み物しながら見てます。だってDVDみてたら、どうしても口さみしくなって、なにかつまみたくなるから。だからもっぱら邦画専門になってしまいました。さすがに編み物しながら字幕よむのはきついので。それに洋画でみたいのってあんまりないし。

昨日はポンチョの最後の仕上げをしながら、『蟲師』を見ました。最後の仕上げというのは、編み終わったあとの糸の始末。こまめに始末しながら編み進めればよいものを、ついついめんどくさいことは後回しなもので。これが失敗だったのです…

『蟲師』は、100年前の日本で、精霊でも幽霊でも物の怪でもない、妖しい生き物蟲とひととがおりなすファンタジー~オフィシャルHPより。蟲はでも、どう見ても虫でした。これが、できかけのポンチョにいっぱいくっついてる糸の端とだんだん重なってみえてきて怜うう気持ち悪いよ~。さすがに編むのやめました。
ストーリーは、ラストが???え、終わり?

終わった~???

って終わりかただったので、なんか消化不良な感じ。同じようなファンタジー系時代劇の『どろろ』と同じく、自分探しがひとつのテーマだったと思う(違う?)のですが、『どろろ』がちゃんと完結したのに対し、こっちはうやむやに終わってしまいました。もっと、オダジョー演じるギンコが蟲退治するのを期待してたのですが、そのへんも中途半端な感じ。でもオダジョーはかっこよかった。銀髪が似あってて。ん?もしかして陽介はギンコになりたかったの?
いろいろ悪いことばかり書いてしまいましたが、100年前の日本には、ほんとに蟲っていたんじゃないかな?って勘違いさせるほどのリアリティとか、映像の美しさとか、見所もたくさんあります。でもラストが…しつこいね、はい。

オススメ度★★★☆☆


width="147" height="50" border="0" alt="蟲師">


昨日フライングしてしまいましたが嶺
明日こそほんとに清水戦です。
今日の女子バレーの日本チームのように、勝つことをあきらめず、執念で勝ち点3をもぎとってもらいたいです。高橋選手の髪のゴムが紫色だったのが何やらいい予感。

すべてはチームのために~共に闘おう~

本日のビリー:最終P(久しぶり。タエボーに慣れてきたせいか、妙にテンポが遅く感じられた。)
バブルへGO!!【DVD】 
今日は特に変わったこともなく、ただ仕事へ行って帰ってご飯食べてビリーして、何にも書くことがない。んで、昨日みたDVDの感想でも。 見たのは『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』 単純に面白かった鍊非常にわかりやすい展開。阿部寛って最近面白いですよね。バブルのころはモデルさんだったかな。いいとも青年隊もやってたっけ?風間ちゃんとかといっしょに。なつかしい丹今ではすっかり演技派?広末ちゃんもまだまだいけてますね。ゆる~い感じをきっちり演じてるみたいな?〈自分でも訳わかりません嶺) いやあしかし、バブルの頃の東京ってあんなんだったんだ。 当時現役女子大生だったんですが、地方のそれも国立大学生はいたって地味〈貧乏)だったもので。全然バブルの恩恵うけてないもの。遊びに行ってたのもディスコより、カラオケパブ?〈曲名を紙に書いて店員さんに渡して…ってなんか、懐かしいより悲しくなってきた。)のほうが多かったし。街を歩けば、ワンレン、ボディコンで前髪あげて真っ赤な口紅みたいなひとはいっぱいいたけどね。1万円札でタクシー拾ったりとか、ビンゴの景品が現金200万円とかはちょっと。それなりに楽しい学生時代だったけど、なんかもったいないことしたんじゃないかって思ってしまった。私もぜひタイムマシンに乗って〈若返って)当時の六本木で1晩遊んでみたいです玲 オススメ度★★★★☆ どうでもいいことですが、お菓子作りのオーブンとかDVDとかパソコンとか、ひきこもてったら電気使いまくりだわ。 本日のビリー:腹筋P

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。