スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今季のMVPは誰かな? 
クリスマスも終わり、一気にゆく年くる年モードに突入ですね。

年末になると、指を車のドアではさんだり、お腹をこわしたり、熱をだしたり。
毎年ろくなことにならないので、
仕事を無事こなすことを最優先で、なるべくおとなしく過ごしております。
(と、あれほどサボるまいと思ってたダイエットを中断してる言い訳をしてみつつ…)

ブログも今年はこれで最後の記事にしようと、去年に引き続き、
今年を漢字一文字で表そうかとも思ったのですが、
見事になんも思い浮かばなくて
ちなみに去年は「繋」にしたんですけどね。
サンフレ的には、J2での成長を今季の躍進へとって感じで、
見事にはまったかなあと自画自賛してるんですが

まあそれならば、今季のサンフレを振り返ってなんて記事をかければいいのですが、
私の未熟なサッカー観ではそれもムリだし、
そこはきたんさんにおまかせするとして、私はもっとお気楽に自分なりのサンフレMVPを考えてみようかなと。

これもまた、難しい問題ですがね。
優柔不断な私にとってはなおさらですが。

う~ん。一番の成長株ってことでいったら、間違いなく中林選手かな。
去年、練習場でペンをもったとたん、「あれ?」って自分のサインを忘れてしまってたウッズ君と、同一人物とは思えないほどの貫禄も身につけ、何よりプレーの安定感。反応のよさ。来季は間違いなく正キーパーとして、サンフレの守護神となってくれることでしょう。でも、mostかといわれると、それはまだ早いかなって気もしますね。真の守護神となったときのためにそれはとっておきたいし。

チームへの貢献度って点から言えば、アオちゃんかなあ。
彼の走りがなければ、サンフレの人もボールも(そして人の心も)動くサッカーの実現は難しいと思うし。
終盤ケガに泣いてしまいましたが、そこまでは大きな波もなく安定したプレーを見せ続けてたと思うし。
ほんとに頼もしい存在です。

いや、やっぱり、キャプテンとしてチームをひっぱり、
攻撃だけでなく、守備への貢献も大きい寿人の存在なくしてはサンフレは語れないか。
代表復帰も果たしたことだし。
でももうちょっと得点シーンをみたかったのも正直な気持ちだし。

代表って言えば、ほろ苦ではあったけど、初のA代表入りした槙野選手もね。
劇場をもりあげ、PKで盛り上げ、シーズン終了後もイベントにテレビにと一人で広告塔を担ってるマキには本当にお疲れ様って気持ちでいっぱいです。

う~~~ん。迷うけど、私的には今年のというか、
今年もMVPはカズかな。
あくまでも私的にはってことです。
34試合中、18試合しか試合には出れなかったけど、
試合中の存在感はもちろんのこと、
不在のときにも決してその存在感を失うことはなく。
「ああ、ここにカズがいれば…」って気持ちは、
復帰後、まだ本調子とはいえないなかでも、
「さすが、カズ!」と決して裏切られることはなく。
復帰時のコメントに涙したサポーターも少なくないはず。
監督からの絶対的な信頼を得た司令塔に
来年への期待もこめてMVPを贈りたいと思います。

って、何の得もないし、私しか喜ばんけどね。


今年は、7ヶ月ほどブログをお休みしてしまいましたが、
再開後も変わらずお付き合いいただいた皆様、
ありがとうございました。
来年も見捨てないでくださいね

それでは皆様、よいお年を!
スポンサーサイト
稲本も小野も?来年の楽しみが増えました。 
今年、サンフレはもちろんのこと、他チームの移籍合戦も面白いですね。
稲本は大宮なのか川崎なのか。
清水は小野を獲得できるのか。
この二人がもどってくるとなると、
出場機会がめっきり減ってるという、俊輔

…は、さすがに帰ってこないか。

私がサッカーをテレビで見始めたのは、
まさに稲本、小野、高原ら黄金世代が活躍し始めた頃。
当時は、サンフレの選手より、代表選手のほうが名前とか知ってたかも
なので、来季、ビッグアーチで稲本や小野を見れるかもしれないと思うと、
ちょっと興奮します。

横浜FCなのかと思ってたら、熊本か札幌へ移籍となりそうなゴン選手。
ドイツ移籍もありそうな内田選手。
倒産の危機からなかなか抜け出せない大分からは、
高橋、金崎、森重、深谷ら主力選手がごっそり。
そして、GK西川選手はサンフレに来るの?
香川選手はセレッソ残りそうだし、
ガンバ退団の播戸選手はセレッソへ?
移籍ニュースから目が離せません。

そして肝心のサンフレ内では契約更改のニュースすらほとんど流れてきませんが、
来月アジアカップのイエメン戦代表に、槙野選手が選ばれるといううれしいニュース。
えっとこれって年齢制限ありか?って確認してしまうくらい若いチームではありますが、
青いユニホームの槙野を見れるのはうれしいこと。
シーズン終了後、イベント、テレビ出演と大忙しでゆっくり休めない上に、
年始早々代表戦。
疲れが心配な気もしますが、
念願の代表入りとなった陽介との絡みがみれるのも楽しみです。
くれぐれも怪我だけはしないでね!
1ヶ月の成果かも。 
いや、ほんとに成果っていってよいかもためらうほどのものですが…
去年一番やせてたときに買ったコーデュロイのパンツが、
トレーシーはじめる前には、相当心の準備をして、
さあ、はくぞ!って覚悟しないとはけないくらいになってしまってたのですが、

(もっとわかりやすく、手短に、ボタン留めるのに苦労って書けばいいのにね

今日ちょっと試しにはいてみたら、
あらら。
あっさりすんなりはけちゃった。
まだ余裕って感じでもないんですけどね。

体重とかはほとんど減ってないけど、お腹にはやっぱり効いてたんだ
そしてたぶんお尻にも。
ふっふっふ。
だいぶ気分よくって、今日はするつもりなかった大掃除の続きをやりました。
電気のかさをはずすのに踏み台も役に立ったことだし(え??)
ダイエットっていいよなあ。

明日から大晦日まで休みはたった1日だけ。
しかも、ほとんど早出出勤。
体力には自信ありますが、さすがに乗り切れるか心配です。
でもせっかく効果も出てきたことだし、
全身コースができなくても、腹凹だけでもがんばろう…っと。

本日の運動:腹凹集中コース STEP3

タレントの森下千里さんも、前回に引き続き、
2でもトレーシー挑戦ブログを公開されてますが、
そこにアップされてる写真。
プッシュアップの姿勢が見事にとれてる!
しかも腹筋きれい。
モチベーションが下がったときには見に行こう。

森下千里まだまだ全身進化中!



運動記録 
腹凹コースのstep3。
プッシュアップだけど、筋肉痛は腕ではなく、確かにお腹にやってきた。
ちょっとやる気が増しました。

本日の運動:トレーシーメソッド2
      腹凹集中コースstep3+クールダウン

とはいえ、まだまだ見てるだけ状態のstep3
step3への道は遠く険しい…な 
トレーシー2初めてそろそろ1ヶ月。
目に見えてお腹が凹んだってとこまでは、
残念ながらいってません。
でも、最初のうちはほとんどできてなかったstep1の足組み腹筋(勝手に名づけた)は
今では一度も下に足をつかずにできるようになったし、
step2の両足あげも、始めたころは一度あげては2度休みって感じでしたが、
途中2度くらい休むだけですむようになりました。
片足だけでやってるところも、両足あげてできるようになったら完璧なのでしょうが、
そこまで行くにはまだまだあと1、2ヶ月は必要な感じです。

ですが、step2に進んだときも見切り発進ぽかったし、
おいおい慣れてくるだろうと、ついstep3へ踏み出してみることにしたのですが…

step3はプッシュアップ。
一般的には腕立てのことですよね。
一見、腹筋とは関係ないようですが、
体幹を鍛え、全身のバランスを整えるために必要な運動のようです。

まあ、腕立てならなんとかできるんじゃないかと甘くみてたのが大間違い。
DVD見ながらただ笑うしかない状態
涼しい顔でポーズをとるトレーシーを真似ようとは思うのですが、
体がまったく思うとおりにうごいてくれない。
思いっきり重力に負けております。

だってね、腕立てっていっても、
横になって肘をついた姿勢からお尻を持ち上げて、
頭からつま先までを一直線にって。
…持ち上がらないから。
お尻に磁石がついてしまったかのように床から離れません。

両肘から先の腕を床につけてつま先で体を支え、
その姿勢からひざを下ろして床につけたり元に戻したり。
…一回おろしたら、もうあがりませんって。

腹を凹ますのはやはり楽にはいきませんね~。
ウン十年かけて着実に貯めてきたお腹の脂肪。
1ヶ月やそこらでなくなるわけないですよね。
気長にいくしかない。

年末、年始、いかにずるずるとサボリ癖をつけないようにするかにかかってる気がします。

本日の運動:トレーシーメソッド2
      全身バランスコースstep2
3年契約! 
赤組になってしまった子の話はもういいね。
健闘を祈る。それしか言えません。

来季に向けて切り替え、切り替え。

さて、今朝の中国新聞にうれしい記事。
槙野、高萩、高柳の3選手に3年契約が提示されたとのこと。
そして昭大選手も2年契約の2年目ということで来季も残留の方向へ。

うん。ほっとしました。
そして驚きました。
今年は確かに波もありましたが、
「一誠、がんばれ~」より、
「すごっ。強っ。」とか言ってた試合のほうが多かったので、
さすがにどこかへレンタルとかはないだろうとは思ってましたが、
まさかの3年契約。(まだ更改したわけではないけど)
マキ、洋次郎選手とともに
「中長期的にみて、柱になる」選手との評価をいただいてのこと。
結果にこだわった今季よりもさらなる結果を期待されます。
責任も重く、重~くなってきますが、
いつまでも若手ではいられませんからね。
一誠が出れば安心だ!ってみなが思える選手へ成長しないといけません。
これから毎年、毎年が勝負です。
まずは怪我なく来季1年通して試合に出ること。
そして、今年以上の結果を残すこと。
うわあ。なんか私まで力が入ってきた。
私もしっかり腹筋鍛えておこうっと


来季も契約更改はやっぱり1月8日なのかな?


本日の運動:トレーシーメソッド2
      全身バランスコースstep2

3月6日まであと何日? 
明日は12月15日。陽介の誕生日。
いよいよ発表ですかね。
覚悟はできてますけど、実際に新聞記事やテレビニュースを見たら
やはり寂しい気持ちにならずにいられないでしょうね。


と、マイナス気分はここまでにして。

まずは今日、サンフレファミリーに山岸智選手が新たに加入したということで。
右も左もできるし、サイドバックやトップ下の経験もあるという、
力強い助っ人の登場ですね。
1日でもはやくサンフレサッカーに馴染んで、
即戦力となってもらえることを期待してます。

そして来季のリーグ戦の日程概要発表。
開幕は3月6日。
試合日程のほうは2月までわかりませんが、
ちょっと来季のスタートへ近づいた気がします。

できれば来季もアウェースタートがいいなあ。

だって、3月8日、9日は公立高校の入試日。
ホーム開幕だったら、まあ、絶対行くとは思うけど、
やはり落ち着かないですよねえ。
受験するのは私ではないとはいえ。


と、まだACLへの希望も0ではなかったか。


本日の運動:トレーシーメソッド2
      全身バランスコース step2

      だいぶ足もあげれるようになってきた。
      
      サイズははまだ誤差の範囲でしか減ってないけど、見た目がちょっと変わってきた気がします。
 
最後の進路面談 
次男の志望高校がやっと決まり、なんだかほっとしている我が家。
いや、今からが本番だっつーのに。
入学式ってどこに車とめるんかね?とか、
制服の色とか。部活とか。

…合格せんと入れませんから
のんきな親子です。

でも、いつもより口数多く笑顔の次男をみると、
やっぱり落ち着かない気分で毎日をすごしてたのかなと。
とても受験生の勉強時間ではないんですけどねえ。
これでやっと自覚も出てくるはず。
…と、思いたいです。


運動記録:トレーシーメソッド2
     腹凹集中コース step2

パイキングのふたつめの、カエル足の運動。
なんとか足を下につけずに、割とスムーズにできるようになってきました。
だけど、一つ目の両足あげはまだまだまだ…
記事に出てしまえば、意外とあきらめもつくもんだ。 
とうとう、今朝の朝刊にも陽介移籍の記事が出てしまいましたね。
もう決定的なんでしょう。
すでに半分以上覚悟はできてたので、思ってたよりショックは少なかったです。
ああ、やっぱりか。ってね。

何で浦和やねん。とか、
京都戦の寿人の涙が…とか。
(2ゴール目に見せた、キャプテンマークの10番は、やっぱり陽介残留!の意味だったのね。
広島最後の試合にベンチ入りできなかった久保さんの以前の背番号かと、
無理やり思い込んでたのに。)
グチグチ言ってもしょうがないか。

海外移籍じゃないならセレッソに残るって
きっぱり言ってる香川のことを好きになってしまいそうだ。

…あ、これもグチ。

あれだけ代表、代表って言ってたからなあ。
まあ、浦和にいるほうが代表への道は近いのかな?
でも、浦和で今までのように陽介輝けるのか?
ポジションは?
トップ下にしても、ボランチにしても競争率かなり高そう。
メンバー入りしたとして、
今みたいに、自分が来るなって思ってるところに、
みんなが走ってくれるわけではないし、
身も心も消耗しきってしまわなければいいんだけど。


赤いユニホームの陽介を、心配はしても、応援する気にはなれませんが、
青いユニに袖を通す日が来たら、こっそり応援するかなあ。
(次男はかなり裏切られた感があるようなので、彼の前では応援できん)

そして、紫ユニの10番は誰のものに。

去年ほどは心配してはないんだけど、
25番の動向も気になります。

ACLのスケジュールも発表されたことだし、
(もし行くことになったら、サンフレは一番厳しそうなグループな気が。)
移籍とか、残留とかさっさと決まってほしいなあ。


本日の運動:トレーシーメソッド2
      全身バランスコースstep2
運動記録 
本日の運動:トレーシーメソッド2
      全身バランスコース step2

腹筋だけではなかった。脚の運動がまた地獄。
前巻より確実にキツイ。
お尻がつりそうです
先に進めば進むほど、心が折れそうになるこのDVD。
笑ってこなせる日は来るのでしょうか。
公太選手、フェアプレー個人賞受賞! 
まだまだシーズン終了を名残惜しんでる我が家は、
今日の2009Jリーグアウォーズ生中継を、初めて見てみました。
今年は、寿人、陽介、槙野、ストヤノフ選手もノミネートされてることだし、
誰か一人でもべストイレブン選ばれないかなって思って。

で、J1リーグの紹介がはじめにされるのですが、
18位から順に登場しないといけないんですね。
3人くらいずつ選手が登場するんですが、
これは絶対18位で終わりたくないぞって改めて思ってしまいましたね。
何という屈辱。
今年は4位だから、なんだかこっちまで鼻高々で見てしまいましたけど。
お、いよいよ4人の登場かって思ってたら、あれ5人?
あら、公太選手ノミネートされてたっけ?
と思って見てたら、フェアプレー賞発表ってときに納得。
もう発表される前にわかってしまうじゃないか。
チーム賞はは確かジュビロに。
そして次に個人賞は二人いるとのこと。
公太選手と共に選ばれた川崎のGK川島選手が先に呼ばれ、
その後に、公太選手も壇上へ。
二人の予定ではなかったのか、
盾や副賞など一人分しか用意されておらず、
ちょっとおろおろしてしまった公太選手を見て子供たちとニヤニヤ。
コメントも公太選手らしく、短めだったけど、噛まずにさらり。
公太って今年、たぶんリーグ戦ではカード一枚ももらってないんですよね。
もともとカードもらうこと自体少ない選手ですもんね。
リーグ戦全試合出場のためには、体調管理とともに、
カードをもらわないプレーをするのも絶対条件。
両方ともしっかりとクリアできる。
プロですね。
彼のような選手が評価を受けたことが、本当にうれしいし、誇りに思えます。

今年新設されたという育成クラブ賞とかもらっちゃうんじゃないかと期待したのですが、
残念ながら浦和レッズに。
監督賞もやっぱりのオリヴェイラ。
ベストイレブンにもサンフレからは選ばれず、
MVPは思いっきり予想通りの小笠原選手。
と、サンフレにとってはちょっと寂しい結果に終わりましたが、
来年こそはとの思いをアツくしたであろう槙野選手の表情でした。

意外と面白いもんですね。Jリーグアウォーズ。

本日の運動:トレーシーメソッド2
      step2+leg
成長の1年。証の1勝。 
昨日の勝利から、なかなか現実に戻れずにいます。

まずは勝って自力で4位を決定したことを素直に喜びたい。

これまで、ここぞって時に結果をだせず、
それもサンフレらしさなのかなんて、あきらめにも似た想いを持ってた
サンフレサポターも少なくないはず。
だけど、今年は違った。

粘り強く、決してあきらめることなく、
勝ち点を拾ってきた結果の4位。
1ではなく、3だろうって悔しい思いをした試合もあったけど、
今思えば、0ではない1の重み。
1でもそれは勝ち点なのだから。
もちろん、負けよりも、引き分けよりも、勝ちが一番多かったのだから、
4位という順位は妥当なのだけれど、
今年ほど、勝ち点1のありがたみが身にしみた1年はなかった気がします。

そして、迎えた最終節。
勝てば文句なく4位。
そしてそこにはACLへの切符もちらほら見え隠れする位置。
正直、試合が始まるまでは、固くなって足が動かないんじゃないだろうか、
とか、がちがちにひいてくるであろう京都を前に、シュートをはなつのさえ難しいんではないだろうかと、
思いはネガティブなほうへと流れずにはいられませんでした。

ですが、前日次男の
「こういう大事なときに勝ってきたけん今4位なんよ。負けるわけがない。」
という言葉に妙に納得。
そうよね。サンフレが負けるわけないじゃん。

もちろん、試合が始まればそんな心配をしてる暇もなく。
しかも、ひいてはいるけど、意外なほどにプレスの甘い京都の守りを破るのは容易く、
面白いほどにゴールネットを揺らす展開。
昨日の試合はほんとにみんなよく走ってた。
もう最後。倒れるまで走るって気持ちがひしひしと伝わってくる1戦でした。
4位への想い。
そして、チームを離れる、離れようとしている選手への想い。
今日は勝ちたい。いや絶対勝つ。そのために走る。走り続ける。
その思いは、試合終了までとぎれることなく。
3点差をまもろうとはせず、あくまで次の1点を狙い続ける姿勢。
応援していてこんなに楽しい試合はありません。
試合の内容からいえば、鹿島や浦和に勝ったときのほうが濃かったのかもしれないけれど、
昨日の試合ほど、サンフレッチェ広島を応援していてよかった思った試合もなかった気がします。
心から誇りに思えるチームが広島にあってくれる幸せを感じました。

そんな楽しい勝ち試合のあとでしたが、
帰り道の心はいまひとつすっきりせず。
一番は、その朝に知り、はじめてみる彼の涙にその現実を思い知ったハンジェの退団。
ハンジェがピッチにたつと、必ずスタンドのあちこちからハンジェコール。
それが、来シーズンにはなくなる。
いて当たり前だと思っていた選手が突然いなくなる。
5年ほど前にサンフレサポとなった私にとって、
当時からずっと知ってる選手がいなくなるの初めてのこと。
これからこんな寂しい思いを何度もしなければならないのかと思うと、
ちょっとやるせないですね。

そして、劇場での陽介の表情。
ただ単に、疲れてただけ。
槙野に強引に誘われて面白くなかっただけ。
そう思おうとしてるんだけど…

これから毎朝新聞見るのがドキドキです。

あ~あ。今季も本当に終わってしまったのですね。
しばらく週末の天気を気にすることもなく、
ぽっかりとこころに穴の開いた数ヶ月の始まり。
まあでも、来年は次男の受験も待っており、
心安らかに来季を待つって感じにはならないのですが、
また3月に、笑顔でビッグアーチでお会いできるのを楽しみにしてます。
では。
自分の足の重みに泣く 
昨日に引き続き、

ザ・トレーシー・メソッド2 DVD&BOOK - 最強の腹凹ワークアウト 編 -ザ・トレーシー・メソッド2 DVD&BOOK - 最強の腹凹ワークアウト 編 -
(2009/11/20)
トレーシー・アンダーソン

商品詳細を見る


step2に挑戦しました。

途中、両足上げを試みたものの…

自分の足の重みがうらめしい

付加がかかりすぎてる気がする。
私の足が、昨日テレビで見た森高千里の足だったら…

(しかし、美脚は健在でしたね、森高さん。
ほっそり、まっすぐ。
当然お金もかけてるんでしょうが、
本人の努力なしに、あの美しさは保てるはずはないですよね。)

実際には足の筋力を鍛えるんではなく、
あくまで腹筋を使って足をあげるんだから、
足の重みはあまり関係ないはずなんですけどね。
気持ちの上では納得できないこの重み。

…つらいけど、がんばろう。

本日の運動:トレーシーメソッド 腹凹集中コース step2
トレーシメソッド2、やっとstep2へ。 
私、昨日職場の階段でこけまして。

といっても、踊り場と踊り場の間の4段くらいのところでだったので、
たいしたケガはしなかったのですが、
両すねはあざだらけ。ところどころすりむけも
ちょうど下から上がってきてた人がいたので、
もう恥ずかしくて、恥ずかしくて。
本当は泣きたいくらい痛かったんだけど、
笑顔で「大丈夫です!」と、立ち上がりました。
だいぶひきつった笑顔に、「そ、そう?」と、
そそくさと立ち去ってくれてよかった。
その次の1歩はなかなかでなかったから。

この階段、これまでも何人もがこけたり、踏み外したり、
骨折した人も一人や二人ではないので、
軽いけがですんで本当によかった。
普通のなんてことない階段なのにね。
店が立つ前は井戸があった場所だったとか
いや噂なんですけどね、あくまでも。

ずいぶん長い前置きになってしまいましたが、
昨日はさすがに運動する気分にもなれず、お休み。
今日はずいぶん痛みもやわらいだので、
トレーシーだけはやろうと。

で、いつものstep1をやったら、なんだかまだ余裕がある。
だけど踏み台は脚を使いすぎるので、ちょっとまだ…

よし、そろそろstep2、パイキングに挑戦してみるかなと。

pikeは槍のこと。おへそを支点に、手足を上にむかって伸ばした姿勢をさします。
仰向けに寝て、ダンベルをもった腕と、両足を上げたりおろしたり。
書くと簡単なのに、実際はキッツイ
両足をいっぺんにあげるのは、さすがにムリだったので、
ひざを曲げた片足を支えに、反対の足を上げ下げ。
これ、私、両足をほいほいあげれるようになるのか??
とても自信はないのですが、同封のガイドブックに書いてある、

たるんだ皮膚を見違えるほどに引き締めるマジカルな効果のエクササイズです。

という言葉を信じてがんばろうと思います。
トレーシー自信、ご長男の出産後27キロ増えて、たるんでたお腹を
このエクササイズで元に戻したって言ってるし。
(もちろん、これだけではないだろうけど)
きつい分だけ、続ければ必ず効果は出ると思うので、
あきらめずにがんばろうと思います。

このぶんだと最後のプッシュアップまでに年内にたどりつけるのか。

まあ、ステップアップの期間は人それぞれって書いたあったことだし、
マイペースでやっていこう。

本日の運動:トレーシーメソッド2 腹凹集中コースstep2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。