スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心のHDにしっかり残しておきたい1勝でした。 
ホームで得る勝ち点3。

審判の試合終了の笛が吹かれるまで、
体を張って、走り続け、
絶対に逃がすものかという選手たちの想いが、
痛いほどに伝わってきた感動的な試合でした。


試合開始前の練習に、ピッチに現れたアデレードの選手たちを見て唖然。
でかっ
テレビで見る以上に体格差は歴然。
よくぞ10人であれだけの試合をしたなとあらためて思ってしまいました。
怪我人続きの中、さらにイリアン、槙野も欠き、
急ごしらえのDF陣。
セットプレーが怖い。怖すぎる。
2点は覚悟せんといけんかなあなんて。
失礼ながらも心の中では思ってました。

ところがふたを開けてみれば、前半試合を支配したのはサンフレ。
双子のWボランチが見事にバランスを保ちつつ、
5人ものオーストラリア代表選手がいるというアデレード相手に、
慌てず、自分たちのリズムでサッカーしてるなって感じ。
ただ、決定的なチャンスはむかえるも、
なかなかものにすることはできず、じりじりと時間は過ぎていき…
今日もサッカーの神様はサンフレにそっぽを向いてるのかと、
あきらめかけた前半ロスタイム、
エースの先制ゴール。
遠くて、人もごちゃごちゃしてて、誰が入れたか、アナウンスが流れるまでわからなかったけど、
ボールがネットを揺らしたのは見えて。
喜びたいんだけど、「誰?」「誰が入れた?」ってつきあげるこぶしをにぎりしめつつ。
「ひ、寿人~~~~!!!!!」でどっか~んって大爆発。
やっぱりみんなエースのゴールが見たいんです。
寿人が点取ってくれると、今日は勝てるって思えるから不思議。

後半、さすがにギアをあげてきたアデレード。
ひやりとする場面が多くなり、
特に3連続コーナーキックの時には、
胃がキリキリ。
前半から勝ち点3への執念の走りを見せ続けたサンフレも、
さすがに足がとまりつつあるか。
だけど、体をはることをやめず、決死のスライディング。
冷たい夜風に指先はどんどん冷たくなっていくんだけど、
心の中はあつく、あつく。

終わってみれば失点0。
まだまだ完成形にはいたらないだろうけど、
チームの成長を感じずにはいられません。
課題はまだたくさんあっても、
ホームであんなにいい試合をして、そして結果を残してくれた。
昨日はもうそれが全て。
ほんとに感動をありがとう!っておもいでいっぱいでした。

ACLはまだまだぎりぎりの綱渡り。
怪我人ばかりが増えて先が見えそで見えないリーグ戦。
厳しい状況には変わりないけど、明るい光もほんのり感じられてきましたね。
スポンサーサイト
それでも勝ち点が欲しかった。 
尻尾をつかんだかと思われた、ACLでの勝ち点も、
するりとサンフレの手から逃げていってしまいました。

「松木さんに普通に解説させちゃってるし。」
ってな感じの前半。
あまりにも簡単に失点してしまったし、
イリアンの退場。
もう、今日も終わったのか。
このままずるずるやられてしまうのか。
という心配は、でも、杞憂に終わり、
徐々に自分たちのペースをとりもどし、
集中をきらすことなく、そのまま前半をしのぎきり。

そして、
後半10分、いい時間帯にカズの同点ゴール!
一瞬、ボールがネットを揺らした意味がわからず、
え?え?はいったん?
何?誰?
ってハテナマークがとびかった我が家のテレビ前でした。
ゴール前しかうつってなかったから、
相手のクリアしたボールの先に、カズがいたのが見えなかったから。
よし。
今日は勝ち点1が見えてきたかも。
って松木さんとともに、ちょっぴりテンション上がってきた我が家。

何度かもったいないミスもありながら、
サンフレらしさを見せようと走る選手たち。
松木さんはミスキックって言ったけど、
私はゴールを狙ったんだと思う一誠のシュート(?)もあり、
テレビの前でも、いやおうなく盛り上がってくる我が家(いや、私)。
そこへあのヘッドですよ。
「もう、よろこびすぎやけん」
と、息子にあきれられようが、
これが喜ばずにおれましょうか。
ACLという晴れの舞台での一誠のゴール。
いい位置でファウルをもらったチュンソンに、
そして、素晴らしい浩司のキックに感謝、感謝。

なんと、逆転しちゃったよ。
松木さんも、いつもの松木さんになってるよ。
もう、このまま勝って。
お願い、勝たして。
って願いは、あっさりとスルーされ。

盛田さんがおったらなあ。
いや、それをいったら、怪我して出れない選手みなだもんね。

次はイリアンも出れない。
槙野のケガはどうなんだろう。
不安材料ばかりがふえていくけど、
次はホーム。
追い風を吹かせましょう!
鉄人のご利益 
P1010806.jpg

たまたま先週とあるテレビ番組で、鉄人28号の下をくぐると、いいことがある!
っていうのをききつけまして。

ホムスタからは地下鉄で5分弱。
開場までに余裕で戻ってこれそうなので、
家族4人でくぐってから参戦することに。
翌日が次男の高校入試の発表ということもあり、
念入りに(?)2回くぐってきました。

おかげさまで、サンフレも勝利。
次男も無事合格してました。

ありがとう、鉄人28号。

しかし、おっきかった!
なんか天にも届きそうな、突き上げられた手を見てるだけででも、
元気がもらえる気がしました。
いいアイデアですね。

勝利の余韻にもひたれぬ非情 
ついに手にした1勝。

リーグ2戦目で(そして、まだ負けなしなのに)こんな思いになってしまうほどの、
シーズン序盤の過密日程。
そして、けが人の多さ。

それをはねのけた、勝ち点3へのこだわりに大きな拍手を送りたいです。
2ー1と追いつかれてからのふんばり。
見てるほうは、特にセットプレーのたびに、
寿命が縮まる思い。
なんとかしのいで。
でも、試合の主導権は神戸。
いつもなら、そんなにひいて大丈夫なん?
もう1点取りにいかんと、って思うのですが、
もう、ただただこのまま逃げ切ってくれんかなあ、
早く時間よ過ぎてって願ってしまいました。
心の中ではZARDの負けないでのリフレイン状態です。



っていうか、っていうか。
一誠が出てからは、久々に「いっせ」連呼。
1点差に詰め寄られた直後の交代。
難しい場面に間違いはないけれど、ここでアピールせんでいつするん。
監督の指示がどんなものだったかはわからないけど、
あまりにも消極的に見えてしまいました。
今年は勝負の年のはず。
このままではレギュラーの座は遠のくばかり。
一誠のどこかについてるおもりをとりのぞいて、
ふわっと飛び立てる。
そんなきっかけはどこにあるのか。
一誠自身にしかできないことなのに。
むやみやたらに使いたい言葉ではないけど、
今はただ、「がんばれ!」の一言です。




しかし、現スタメンでの攻撃の要かと思われた洋次郎の怪我。
それも全治8週間。
まだまだサンフレ試練の日々に、一息つく間もなさそうですね。
神よ… 
どうしてこうも厳しい試練を与えてくれるのか。

またしてもロスタイムの失点。

我慢に我慢を重ねた末に、この結末はあまりにもむごい。
結果を知ってのテレビ参戦でしたが、
深夜にもかかわらず、ひとり「うそ~
と声をもらさずにはおれませんでした。

1点を追いかける苦しい展開の中で、
徐々に自分たちの時間もつくれるようになって、
そして、槙野の渾身の突破からのPK。
神様からのご褒美かとおもったんですけどね。

後半にはでも、今のメンバーでの点の取り方に、何かきっかけをつかんだようにも思えました。
特にチュンソン。
そろそろ爆発してくれそうではないですか?
1点とると、ぐんと弾みがつきそうなのになあ。

正直、携帯で結果見たときには、もうテレビ見るのやめようかとも思いましたが、
見てよかった。
課題はたくさんあるかもしれないけれど、
サンフレのサッカーがまったく通用しないというわけでもなく、
ホームで借りは返せるって気分になれましたから。


まずは、日曜日の神戸戦。
そろそろほんまに勝ちがほしい。
時間はないけど、
逆に、今の悔しい気持ち、勝ちたい気持ちを損なわずに試合に臨めるはず。
体力的にほんとに厳しいとは思いますが、
とにかく勝つことにこだわって、
走り続けてほしい。
一瞬の晴れ間…しかし雲は厚く。 
1勝への道のりが、果てしなく遠く感じてしまう試合でした。

2010年J開幕戦。VS清水@ビッグアーチ。

ロスタイムの失点はこたえますね。
かなりひきずってしまいそうです。

前半は、ACLの悪い流れはもう断ち切ったのかなって、ちょっと安心して見れたんですけどね。
やっぱり決めるべきチャンスはものにしないと、勝ち点3は逃げていく。
ごくシンプルなこと。
だけど実際、難しい。
でも、でも、今日も、鹿島や川崎はさらりと(実際にはそうでもないんだろうけど、そう見えてしまう)それをやってのけて勝ってる。いったい、何が違うんだろう。

後半あれだけ押し込まれて、1失点に抑えることができたって見方もできるけど、
広島のサッカーってそんなんだったっけ?
中盤のちぐはぐな感じ。
やっぱりモーターの不在が大きいのかな。
なんか大きいぜんまいもってきて、ぐりぐり巻いてあげたい気持ちになりました。

足踏みしてるまもなく、ACL、リーグ戦。休みなく続いてく。
厚い雲をぶち破る突破口を見つけることはできるのかな。
腹をくくっていこう! 
今日のMステで、高校生バンド(もうバンド名とか、覚える気のないものはすっかりスルーしてしまう)のボーカルの子が言ってた。若干18歳にして「腹くくってるから大丈夫です。」って。

けが人だらけで不安いっぱいでも、リーグ開幕は待ってはくれない。

開幕前に負け試合をみてしまって、
例年と違い、甘い期待でいっぱいの開幕戦前夜とならないのが残念。

しかも明日の相手は清水。
日曜やべっちでみたところ、プレシーズンマッチで新潟と戦い、
小野選手とともに、順調な仕上がりを見せつけた様子。

明日の天気と同じく、今の気分も雨のち曇り的な。
浩司の調子はよさそうだし、山岸と西川も予想以上にチームにフィットしてる様子?
と、ポジティブなとこへ気分をもっていっても、
決して晴れ模様にはなってくれないのですが、
やまない雨はない。

始まる前からあまり悲観的になっていてもしょうがないし。

明日は私も腹をくくって参戦します。
あくまでも、勝ちを信じて!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。