スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠いよ勝ち点3 
雲ひとつない青空のもと、まわりのみんなとハイタッチしたかった。 今日は、朝からいい予感でいっぱいだったのに。 たとえば、開門時間までもう少しだねと、日陰でまったりしてたら、いきなりサッカー雑誌の取材をうけ、発売前のその雑誌をもらったりとか。その雑誌、J'sサッカーの取材をうけたホームチームは勝つ!といううれしいジンクスをきけてテンション連とか。 ちなみに、その取材とは、「ビッグアーチのいいところとは?」ってことだったんだけど、急なことで、何も思い浮かばず、苦し紛れに「食べものかおいしいとか…」って。思わず記者さんが、「サポーター席が、アットホームな感じで、あったかいですよね」ってフォローしてくれました。いい人たちだ!そうそう、サポーターのかたたちも、ちびっ子たちに旗貸してくれたりいい人が多いんだよってアピールせんと。アホな家族ですみませんでした。 入場してからは、「磐田から点をとりに行く丼」が予想以上に美味しくて〈ボリューム満点で)、なんかうれしかったし。あ、でも今思うと、この食べ物企画が美味しいときは、負けてるんだ。ちゃんこが美味しかったFC東京戦とか。逆に激マズなとり天の大分戦は勝ったなあ、そういえば。あと、なんかアンケートに答えてボールペンもらったりとか。なんか、わくわくする感じがあったのですよ。 試合が始まってからも、くそ審判&線審の、最悪ジャッジに負けんなと、異常にボルテージがあがって、サポーター席も盛り上がってたし、なにより、選手たちのプレイに気持ちが入ってるのがみてとれて、ビッグアーチ全体が「勝ちたいんじゃ~」ってひとつになってるような気がして、「今日寿人が点取ったら、絶対涙してしまいますね」と、最近お友達になった前の席のサポさんと話したりして。実際今日の寿人は久しぶりに得点のニオイを感じさせる動きが何度かあったんだけど。青山やストヤノフもよかったし。前半終了した時点では、今日は絶対いけるって信じてました。 なのに… 後半みるみる集中力を失ってくサンフレイレブンに対し、確実にチャンスをものにした磐田。今の順位から見て、まったく当然な結果に終わってしまいました。しかし、これが、リーグ前半ならまだ「上位相手に1失点で押さえたんだから、上出来」って余裕でいえるけど、もう私たちにはあとがない。着実に降格へと近づいていってるんだから、何がなんでも、勝ち点にこだわって欲しい。3がだめならせめて1。お願いします。 それにしても、陽介のヘアスタイルは何だ???意図がまったくわからん。絶対似合わない。変よ一誠のバクハツヘアーもちょっと微妙だったし。そういえば、Tシャツ投げ入れのときなんで一誠はB6こなくなったのかなあ。残念です。 本日のビリー:最終P
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://teruteru05.blog29.fc2.com/tb.php/267-9d3d1c44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。