スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「グーグーだって猫である」DVD感想 
DVD感想書くの、いつ以来?
1年以上は書いてなかったかな。
時々見てはいるんですけどね。
感想書きたいほどの作品に出会わなかった、ってこともないんだろうけど。
ま、いいや。

今日見たのは、
「グーグーだって猫である」。
小泉今日子さん主演で、漫画家大島弓子先生の自伝的エッセイを素に作られた映画です。
公開のニュースを見たときから、見たい!って思ってたんだけど、
近くの映画館ではやってなくて。

大島弓子先生の漫画は、読んだのがあまりにも幼かったときだからなのか、
ちょっと難しいやって思ってしまい、あまり読んだことありません。
今読んだら意味がわかるかもって、読みたくなりました。

どちらかというと、小泉さんのファンでして。
アイドル時代からずっと好きです。
歌も、演技も。力の抜けた自然体な感じが好きです。
若かりし頃もそうだったけど、今もずっと、よき先輩と勝手に思ってます。

漫画家のアシスタント役の上野樹里さんも、
なんとなく小泉さんと似た雰囲気をもった女優さんですよね。
個性的なんだけど、度をすぎてなく。

共演者の加瀬亮さんも、柔らかい雰囲気のある俳優さん。
今流行の草食系男子っていうのかな。
ガツガツしてない感じがほどよいです。

映画の雰囲気も「ゆったり」という言葉がぴったりで。
特に前半は大きな山もなく、かといって決して退屈ではない。
漫画家小島麻子が、いかに飼い猫と共に生きてるかを丁寧に描いてて。
加瀬さん演じる青年と恋物語に発展するのかと思いきや、
そのあたりはほんわかとはぐらかしてあります。

後半、麻子先生に降りかかる悲劇があまりにも思いがけないことで、
ショックで、どうなるんだろうって目が離せなくなりました。
だけど、元ネコ(?冒頭で死んでしまう前の飼い猫)の力で見事に立ち直ってくれる姿に、
安心と希望を感じました。

大きな感動とか、ハラハラドキドキとかはないけれど、
見終わったらじ~んと心が温かくなる映画です。

猫好きなかたはもちろん、
私のように、さして特別…ってかたもやっぱり猫グーグーのかわいい姿には癒されますよ。

映画「グーグーだって猫である」HP

 
たるりーな
 
私は猫大好きなので、この映画観てみたいんですよね。
DVD見つけたら借りてみます。
キョンキョンも好きだけど、私は猫目当てだわv
ひさっぴ
 
e-8たるりーなさん
猫好きだったら間違いなくおすすめですよ。
グーグーが、赤ちゃんから子猫へ成長していく様子もかわいかった。
出演者のみなさんが、自然と笑顔になってしまうのも納得でした。
ああ、でももっとグーグーメインに!ってなってしまうかも?

秘密にする

 
トラックバックURL
http://teruteru05.blog29.fc2.com/tb.php/613-e599f501

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。