スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若さを武器に 
ほんまにしんどい試合でした。

朝の涼しさにちょっと油断してしまって、
照りつける太陽の日差しにすっかりやられてしまい、
珍しく立ち上がれずに観戦してしまいました。

見ている私たちも、つらかったけど、
90分間、走り続けた選手たちはその何倍もしんどかったでしょう。

試合後サポーター席に挨拶に来る選手たちはみなゆでだこのように真っ赤な顔。
湯気がみえそうなくらい。
正直、よく追いついたなって。
順位を見れば、しっかり勝ってもうひとつ上へあがるべき試合であったのでしょうが、
トップとサテライトの区別をつけられないくらい、
離脱者が増えてしまった厳しい状況を思うと、
今の順位にとどまってられるのが不思議なくらい。
よく踏ん張ってますよね。

そして、その追いついた1点をチュンソンが決めてくれたことに価値がある試合だったのでしょう。

なかなか結果が出せず、
トップでは出番もこず。
本人も、みてるこちらも、なんともじれったい1年でしたが、
この1点が、きっかけになればと思います。

昨日は、最初から、ゴールへのはっきりとした意思があらわれていて、
ひさしぶりに、チュンソンの「オレが!」って顔を見た気がてました。
結果をだしたいはずなのに、
なにかガツガツとしたゴールへの貪欲さが感じられなかったここしばらく。
1点決めたからといって、すぐに上向きになるほど甘いものではないでしょうが、
1点とったあとのチュンソンをみてると、
期待してもいいよねって気になりました。
まだ24歳。
これからです。

そして、昨日の一誠。
後半、流れを変えた一人というのは、
私のひいきめではないはず。
まだ、連携がうまくいってないこともあり、
ぎこちないところはありましたが、
当たり負けしない強さは健在。
一誠の季節が、ようやく訪れたのかな。
試合後のコメントにも、心なしか力強さを感じます。

…ん?
え、今日吉田で試合?

一誠のコメントを見て慌てて吉田へ向かった事件は次の記事で。

まだまだしばらく、選手たち、サポーターにとっても
我慢、我慢の日々が続きそうですが、
もう、ここは開き直って、
若い選手たちに、もっともっとはじけてもらいたい気がしてます。
きれいな形を作っても、最後に点をとれなければ負け。
ときにはもっともっとシンプルに、
ただゴールをめざしてまっしぐらな感じではだめですかね。
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://teruteru05.blog29.fc2.com/tb.php/710-fba6d9c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。