スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豚のしょうが焼き 
何年か前に、石橋貴明が夜中に番組で作ってたのを、まねしてます。メモとりながら見てたわけではないので、だいぶテキトーですけど。

あわせたれを作っておきます。
すりおろししょうが大さじ2、めんつゆ1/3~1/2カップ、酒大さじ3をあわせておきます。4人分くらい?
玉ねぎ(1個)はちょっと厚めの薄切りに。豚肉は私はコマ切れとか切り落としとかを使ってるので、そのままで。
フライパンに油とすりおろしにんにく少々をいれ、香りがでてきたら(にんにくがこげないうちに)、玉ねぎを入れていためます。しんなりしてきたら、豚肉をいれていためます。強火です。
肉に火が通ったら、あわせたれを入れて、汁気がなくなるまで炒めます。

玉ねぎを入れるので、肉が少なめでもカサ増しできるし、うまみも加わるので、オススメです。肉はたれにつけとかないほうが、固くならないみたいです。貴さんはたれにウスターソースも隠し味に入れてましたが、我が家はソースはお好みソースのみなので、入れてません。

---今日の貯金214円   計10260円  
ハンバーグのコツ(研究中) 
やっと、冬休みも終わりですね。さっきまで、宿題やらせてましたしかし、最近宿題多すぎ。かわいそうになるくらいです。五日制とか、2学期制とかになって、家庭の負担がますばかり。のきがします

さて、今日の晩御飯はハンバーグ。
ハンバーグはもう何年も、何回も作るけど、まだこれは!ってものがつくれません。おいしく作れる裏技もいろいろ試してみましたが。例えば

・ネタはフォークでまぜる。
・ネタにマヨネーズをまぜる。

などなど。他にもあったような気がするけど、思い出せない…
で、実際私が気に入ってやってるのは、

・ネタに豆腐をまぜる。
・手の平(よりちょっとちいさい)くらいに、大きめにつくる。

のふたつ。豆腐をまぜると。冷めてもふっくらのし上がりに。
大きめにつくったほうが、ジューシーなきがします。
でもまだ、切ったら肉汁ジュワーな感じ、には焼けません。たぶん、生焼けが怖くて、焼きすぎなせいだと思うんですけど。

---今日の貯金27円   計7400円
ふわふわお好み焼き(関西風)のコツ 
外で食べるときは絶対広島風なのですが、おうちで作るときは、なぜか関西風が多いです。広島風はキャベツをものすごーく使うので、(使ったほうがおいしいですよね。)キャベツが高いときは、作れないというのもあるけど。作り方は、材料を混ぜて焼くだけなので、特に書きませんが、ふわふわに仕上げるコツを、書いてみたいと思います。
材料に、やまいも(すりおろし)は欠かせません。お好み焼きの粉を買うと、やまいもパウダーも原料に使われてはいますが、やはり、生の(?)やまいもすりおろしは、入れたほうが絶対おいしい!
我が家は5人分で、三分の一本くらいは入れてます。
キャベツなど、材料はなるべく細かくきざみましょう。ちなみに我が家は、きゃべつ、もやし、青ねぎ、天かすを入れて焼きます。あ、豚ばら肉ものせますよ。
お好み焼きのタネと、野菜はそれぞれ用意し、焼く前に1回分ずつ混ぜましょう。野菜からはどうしても、水分がでますので、全部混ぜてしまうとベちゃっとなってしまいます。
焼くときにはへらで押さえるのは絶対おはしで、ぽんぽんと穴を開けて火のとおりをよくしておきましょう。(気休め?)とにかく、ひっくり返した後、へらで、ぎゅうぎゅうやるのはだめですよ。
片面焼いて、ひっくり返したら、ふたをして焼きましょう。以前我が家のホットプレートにはふたがついてなかったので、別に気にもせず焼いてたのですが、ふたつきのに買い換えてから、その差にびっくり。ふたがあるだけで、こんなに違うんだあって感動でした。
と、以上が、我が家でのお好みのルール。夫がお好みには、結構うるさいので、ひとつひとつふえてしまいました。でも、お好み焼きっていうくらいだから、その家、その家のやり方で、わいわい焼くのがいいんですよね、きっと。

---今日の貯金102円   計6387円
チキンピカタ 
安くて、子供たちも好きなので、鶏肉はよく買いますが、胸肉はちょっとぱさぱさしがち。ピカタにすると、やわらかく仕上がります。
鶏肉は食べやすい大きさにきる。薄めのほうが火が通りやすいでしょう。塩コショウしておきます。
鶏肉に小麦粉をうすくはたいて、溶き卵にくぐらせます。
このとき、ビニール袋に粉と鶏肉をいれてふると、手軽に、洗い物も少なくてすみますね。(奥薗流?)
あとはフライパンで焼くだけ。バター(マーガリン)を使ったほうがいいかな?鶏肉は意外と火が通りにくいので、まずは強火で焼き色をつけ、ふたをしてから弱火で焼き、火が通ってから、ふたを取って再度強火にし、カリッと仕上げましょう。粉に青海苔、粉チーズなどお好みでまぜてみてね。マヨ+ケチャップ+ウスターソース少し(あれば牛乳も少し)を混ぜてつくるオーロラソース(もどき)がおすすめです。

今日の貯金98円   計5029円
ツナコロッケ 
買い物いけなくても、じゃがいも、ツナ、たまねぎがあればツナコロッケできますよ
じゃがいも(馬鈴薯のほうが向いてると思いますが、私はメークインの食感が好きなので、メークでやります。)をゆでてつぶしておきます。
たまねぎをみじん切にし、バター(マーガリン)大さじ1をのせてラップをかけ2分加熱し、ラップをはずして1分加熱します。
↑と軽く汁をきったツナを混ぜ、塩こしょうで味付けします。
衣をつけてあげれば出来上がり。衣を着けるのは具がさめてから。でないと揚げるのに失敗します。
ひき肉を使うときより、フライパンでいためる工程がない、ちょっとカロリーオフ、の利点があると思います。かわりに、コクがないかと思いますが、じゃがいもをゆでるときに、コンソメの素1個を入れてゆでるとこくが出ると思います。このワザはポテトサラダを作るときにも使えます。

---今日の貯金66円   計2886円
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。